うわの空ライフ

加山れいの日記。絵描きとして活動中。

かわゆい。≪カナ ver.≫

f:id:reishuna:20160826110605j:plain

f:id:reishuna:20160826110614j:plain

f:id:reishuna:20160826110634j:plain

f:id:reishuna:20160826110714j:plain

 

ツンデレ

ギャップ萌え??

 

目つきが元々鋭い人っていますよね!

保育園に送り迎えしていても、目つきの鋭いお母さんって居ます。

「うわー、あのお母さん、私の事嫌いなんだろーなー」と思っていたら、そうでも無かったり。

 

逆に私みたいにヘラヘラしてる人間のほうが、得体が知れなくて不気味がられていたりするのかもしれません…|д゚)

 

カナもそうなんですが、うちの母も目つきが鋭い。

目が悪いせいかな…睨んでるレベルに怖いです…

 

 


人気ブログランキングへ

かわゆい。≪ハヤ ver.≫

f:id:reishuna:20160824115529j:plain

f:id:reishuna:20160824115539j:plain

f:id:reishuna:20160824115547j:plain

f:id:reishuna:20160824115556j:plain

 

子供のおしり、かわゆいですよね。

今現在は、ちとハヤも成長しまして。

同じことをすると「やーめーてー!」と叱られます。(まだ発音は怪しい。イクラちゃん状態。)

あっち向いてるのに、すごい笑顔なのが分かる後姿に萌えました。

いつまでもツルツル、プリプリなお尻で居て欲しいものです…無理か。

 

最近はタラタラ“どんより”記事を描いていたので、たまには“ほのぼの”も描いてみようかと思いまして…おケツネタでした(*´ω`*)

 

ちょっと独り言。

最近なのですが、デジタルで絵を描くのってどうなんだろうとアレコレ調べたりしています。

丸っきりのアナログ人間なので、本当に分からない。

でも、デジタルだと絵の複写とかスクリーントーンとか自由ですからね…

 

大学時代、3回くらい漫画賞に投稿して(本っ当に)小さな賞を2回貰いました。

その時、思ったんですよね…

漫画描くのってお金かかるんだな…と。(貧乏学生でしたし)

特にスクリーントーン!!1枚500円くらいするし!!

失敗したりするし!!ケチケチ使ってると、原稿寂しいし。

 

ところがどっこい(古)、今はパソコンでペタペタ貼れるというじゃないですか!

3年位前にナオさんに買ってもらったペンタブを掘り起こして、頑張ってみようかな(*_*)

当時はペンタブのあまりの使いにくさに挫折しちゃったんですよね…

デジタルも甘くないです。

 

 


人気ブログランキングへ

真夏の庭

毎日、あっちいですね(;´Д`)

 

f:id:reishuna:20160818140445j:plain

久々に我が家の庭の話題でも。

サルスベリが元気に咲いています。

↑は、ピンク色の花ですね。

 

もう一本、薄いピンク色のサルスベリもあります。

f:id:reishuna:20160818140843j:plain

一昨年くらいに植えたのですが、どんどんニョキニョキ伸びて…

 

f:id:reishuna:20160818140948j:plain

淡~いピンク色の花が咲きました。

 

f:id:reishuna:20160818141101j:plain

 

バラのアーチはちょっと伸びすぎてます…

剪定しなくてはならないけど、暑くてなかなか(ノД`)・゜・。

もうちょっと涼しくなったらやろうかな。

 

f:id:reishuna:20160818141225j:plain

 

ギボウシが大好きで、株を増やしたいなーと思っているのですが。

こんな花が咲きました。

 

庭いじりも、夏はちょっとお休みですね(=_=)

暑くて暑くて…

皆さん、暑さには気を付けてくださいませ。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

どんより幼少期⑨ 本当はこんな人。≪母≫

f:id:reishuna:20160810133537j:plain

f:id:reishuna:20160810133547j:plain

f:id:reishuna:20160810133611j:plain

f:id:reishuna:20160810133622j:plain

 

典型的な『昭和のおばさん』なのかな…

ご近所の子供は、我が子同然に叱る…みたいな(;´Д`)

 

昔はこういうおばさん、結構居たんでしょうね。

 さすがに暴走族に「一言、注意してくる!」と言ったときは焦りました(-_-;)

 

母は本当に天真爛漫で。

祖母と母を表現するなら、「陰と陽」「水と油」などなど…

上手くいくはずが無い!!( ゚Д゚)

 

精神的に参ってしまった後も、母の正義感が強いのは変わらなかったなー。

体が丈夫だったら、警察官とか向いていたかもね!

 

そんな気性の激しさと、ブレない正義感があったからこそ母は嫁入り先で頑張れたんだろうな…と思う数々の出来事を紹介してみました(´ω`)

 

私には真似できないわー…小心者だから…

 

 


人気ブログランキングへ

どんより幼少期⑧ その時、父は…

f:id:reishuna:20160809134744j:plain

f:id:reishuna:20160809134753j:plain

f:id:reishuna:20160809134802j:plain

f:id:reishuna:20160809134812j:plain

 

おそらく…父は…祖母の事をスッパリあきらめていたのではないかと。

中学生時代の父が、何か問題があって母親を頼っても、泣いて「そんなの分からねて~。(そんなの分かりません)」と言って頼りにならず…(;´Д`)

父は自力で乗り越えるしかなかったといいます。

 

本来、とてもマイペースな人なので田舎の長男は向かないタイプだと思います。

大学に行く学力は充分あったのに、家の事を考えて高校卒業後すぐに就職。

お父さん(私にとっては祖父)が生きていれば違っただろうに。

当時は田舎の長男って、自由が無かったのですね…息苦しい。

 

中学生でいきなり一家の大黒柱になった父。

頼りになる人もおらず、自分が責任を負わねばならない弟が3人。

同居している父の祖父母にもまだ、家を出ていない子供が居たり…(年齢的に?ってなりますよね…この辺、ちょっと複雑なんです。)

経済的に曾祖父(私から見て)から意地の悪いこともされたらしく、父はお金に困ることが多かったし、『曾祖父の家に居候』みたいな形になってしまって、肩身が狭い思いをして育ったそうです。

やはり曾祖父も自分の子供が可愛かったのですね…差別がありました。

「いつもボロッちい服を着させられて、鉛筆を一本買ってもらうのも大変だった。」と父が証言しております。

※父の父、つまり私の祖父は曾祖父の甥っ子だったのです。そしてお兄さんと自分の奥さんの子供でもある。…お兄さんが亡くなった後、その奥さんを弟である曾祖父がお嫁さんにしたのです。あぁ、ややこしい…

 

確かに、祖母の気持ちを考えると祖父を亡くしたのは気の毒でしょうがないです。

さぞかし苦しかったんだろうと…

だからって、息子の嫁さん相手にワガママ放題していい訳じゃないですけどね(=_=)

 

そんなアレコレがあったからなのか、父は頑張って私と兄を育ててくれました!

(お金持ちでは無いけど、ひもじい思いはしませんでしたよ(´・ω・`)

…きっと父は祖母の事をイチイチ気にしてたら、やってられなかったのですね。

 

でも…こう…もうちょっと、母の悔しい気持ちに寄り添ってあげるとか、「長男夫婦としての立場なんか知るか!!」と実家から出るとか…そんな風にしてあげて欲しかった。

時代のせいでもあるかもしれませんが…結局、父は祖母や弟たちのことを捨てられなかったのだと思います。

母も「家族を捨てろ」なんてことは言わないタイプですし。

 

…そのせいで、母ちゃんの心がぶっ壊れるなんて。

世の中って理不尽だなぁ…

 

何か今回、説明文が訳分からないかも…

これもいつか4コマで説明したいものです(;´Д`)

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

フェルトのオレンジチョコレートケーキ

f:id:reishuna:20160804103600j:plain

 

家事育児、お仕事の片手間にチクチク、チクチクしていたら、こんなのが出来ました。

 

f:id:reishuna:20160804103633j:plain

 

オランジェット(に見えると良いのですが💦)の乗っかった、チョコレートケーキ!

 

f:id:reishuna:20160804103755j:plain

 

中身はオレンジピールの入った、甘酸っぱいレモンクリームをイメージしてみました(*´ω`*)

 

f:id:reishuna:20160804103909j:plain

 

一応、この薄茶色いスライムみたいなのはサクサクしたチョコメレンゲ菓子をイメージしちょります。(え?見えない?)

側面のレースは砂糖の飾りですかね…

 

f:id:reishuna:20160804104054j:plain

 

まぁまぁ、よろしかったら一切れ召し上がって行ってください。

お茶はコーヒー?紅茶?

 

f:id:reishuna:20160804104131j:plain

 

実際、このようなケーキは食べたことがありません。

フェルトケーキの素晴らしいところは、いつまでも無くならないこともありますが、完全なる妄想で、「世界一美味しいケーキ」を作れる事かもしれません…

私の脳内では、すっごく美味しいケーキになってます(´ρ`)

 

これもフリマの通販サイトに登録しておりますが、材料は主にフェルトだし、素人の未熟な技術で作ってあるくせに、高い値段を付けております。(かの有名なminneで。)

 

…だって一生懸命作ったから可愛いんですもん!!売れたら寂しいし…

 

多分、今これを見ているナオさんは「良いからちゃっちゃと安く売って、家計に協力しろー!!」とお怒りだと思います(´・ω・`)

 

だってねナオさん、型紙とかプロの人のを丸写しすると怒られちゃうらしいのよ。

権利とか結構難しい制約がある業界らしくてね。

だからデザインから型紙まで全て自分でやらなきゃならないんよ。

これから何個も量産する時は、自作の型紙やノウハウがあるから簡単だと思うんだけどね。

だから量産出来たら値下げするから、ちょっと待っててちょんまげ~。

 

こんなケーキがあったら、食べてみたいです…

オレンジとチョコレートってメチャクチャ合いますよね!!( *´艸`)

 

次回のケーキは小さくて、子供さん向けでリーズナブルな物を作るつもりです。

これを作っている横で、カナが「欲しい!!欲しい!!」というものですから…

すぐ壊すクセに(ノД`)・゜・。

 

 


人気ブログランキングへ

どんより幼少期⑦ 意地悪の数々…

f:id:reishuna:20160801115022j:plain

f:id:reishuna:20160801115038j:plain

f:id:reishuna:20160801115047j:plain

f:id:reishuna:20160801115100j:plain

 

苦しむお母さんの姿、子供は一番見たくないです。

母は特別、精神的に弱い人ではありませんでした。

ただ、異常な田舎の親戚達の中で溺れてしまいそうになっていたのです。

「明るくて優しくて、思いやりを持つ」ということが、いかに異常な人々からは攻撃の対象になってしまうのか。

そんな世の中の理不尽さを知ってしまった気がします。

 

あぁ…本当に…今、思い出してもあの人とかあの人とか…血ダ〇マになるまで殴って蹴ってやりたい…私は攻撃されていないけれど、母を虐めた人間は敵です。

出会う人が違っていたら、私も危なかったのかもしれません。

 

そんなゴーゴーに燃え盛る人に対する憎しみを鎮めてくれたのは、他でもない母と父、亡くなってしまった母方の祖母、信頼できる友達、そして今現在、幸せにしてくれているナオさんですね!

人との出会いって、すごく大事。

 

憎しみは鎮まったけれど、「あれだけ人をひどい目に遭わせたのだから、何か天罰が下っているといいなー」とは思ってしまいますけど…まだ人間が出来てないな( ゚Д゚)

 

祖母に関しては、それほど強く恨んでません。

今はすっかり弱ってしまったし、大好きな父を生んでくれた人なのだから…と思うのと同時に、「この人には何を言っても無理」と諦めてしまっているのかも。

 

当時の親戚を思い出してみても、「ちゃんとした大人」な人は少なかった…

体が大きくなっただけでは、大人では無いのですよね。

身に付けなければいけない事が、私にはまだたくさんありますが…

「ちゃんとした大人」になれるよう頑張ろうと思います。

 

 


人気ブログランキングへ